スポンサードリンク

ユンボと商工ローン

ユンボをリースや購入するにあたり、経営者によっては商工ローンの利用も考えられると思います。商工ローンとは、経営者が利用する事業所向けのローンです。融資業者としてロプロ(旧日榮)、SFCG(旧商工ファンド)などが有名ですが、取立てなど返済の厳しさが社会問題となったため現在では「ビジネスローン」と呼ばれるようになってきました。ユンボのリースやレンタルにあたりこのローンを使う特徴に、融資の受けやすいことがあります。無担保での融資も可能になっており、株券担保融資、小切手割引、商業手形、不動産担保融資、ゴルフ会員権担保などさまざま担保で50万円くらいの小口融資から3000万円までの大型融資まで融資対象となります。申し込みに必要なものに、連帯保証人があります(連帯責任を負う場合もあります)。その他に、会社登記簿、決算書(2〜4期程度)、印鑑証明、実印などが必要となります。詳細は各業者によります。
続きを読む

ユンボに必要な免許・資格

ユンボを乗るには「車両系建設機械」の免許・資格が必要になってきます。
車両系建設機械の資格は一般的には技能講習を受ければ資格、免許取得が可能です。

ユンボなどの油圧式ショベル、ブルドーザー、ホイールローダーなど、土木作業や工事現場などで整地、運搬、積込作業を行う際には車両系建設機械の資格、免許が必要になります。

もちろん講習料金がかかるのですが2日間〜3日間で4万円近くの料金がかかるということを覚えておくと良いでしょう。

続きを読む

コマツ、日立、ヤンマーのユンボ

ユンボで有名な会社はやはりコマツではないでしょうか?
良く土木現場や工事現場などでみかけるユンボもコマツのものが多いような印象を受けます。きっと現場の色と黄色と黒といったカラーがコマツという会社のイメージと一致しちゃっているところがあるからだと思います。

日立のユンボは日立建機などで有名になってきていますがやはり中古品を探すのは一苦労ですので、リース会社などを探すのがいいかもしれません。多分ユンボなどパワーショベルのリースってやってる会社があると思うので。

ヤンマーのユンボも有名ですよね。建設機械や農家のトラクターなんかのイメージが多いヤンマーですがかなりバケットなどの部品にも力強さを感じる小型のユンボも販売している可能性もあるので、コマツ(小松)や日立と同様しっかりユンボミニなどの情報を目で見て調べるのが良いと思います。

続きを読む

ユンボの購入はローンもOK

ユンボの購入に関してもちろんローンの利用も可能です。一般的なユンボの値段、価格ですが小さい油圧式のショベルカーと同様100万〜200万という値段が多いようです。60回ローンなどで金利の安いところで購入することも可能ですので比較してみましょう。

銀行や農協などで金利の低いローンを組むことも可能ですが、一般的な消費者金融などよりも審査が厳しいことが多いようです。一方分割でユンボの中古品を購入することもできますがやはり分割払いとなり、ローンを組む際には審査が必要になってきます。

続きを読む

ユンボとは

ユンボとはショベルカーとかパワーショベルとか一般的に呼ばれてるもののことを言いますが、なぜそう呼ばれるのかって調べてみると、どうやらフランスの会社の製品や、日本で技術提供していた当時の三菱重工業株式会社の製品につけられていた商品名らしいんですね。

私なんか子供の頃から「ユンボ」って聞いてきたので全然違和感はないんですけどね。だからフランスの会社が発祥だとか由来はそこから来ているとか言われても実際に目でみてきた日本のKOMATU(コマツ)のユンボのほうがイメージ強いんですよね^^

最近の若い人達だとユンボのことがわからない人もいると思いますが、子供のころだとTVでヤンマーのCMなどでも見たことある人もいるんじゃないでしょうか?「僕の名前はマー坊♪」とかね。。。

新聞やチラシなどの求人広告を見てもユンボって言葉見かける人も多いと思います。そのほうが言葉も短いし、わかりやすいんでしょうね^^ちなみにユンボは建築や土木に使う重機ですから資格や免許もいりますよ。
スポンサードリンク